航空身体検査について


以上の3種類の身体検査があり、それぞれ基準が異なります。パイロットとして、あるいはパイロットの資格を目指して日本で、空を飛ぼうすればいずれかの検査にパスしておかねばなりません。


検査の項目は、新規と更新でちがいます。またグライダーとエンジンつきの飛行機とでは、少しちがいます。脳波、心電図、聴診、視力、聴力、色覚、平衡機能、検尿、貧血の有無などがおもな内容です。

不合格になり易い項目は、若い人では、視力、右脚ブロック、貧血、色弱などが多く、中年では糖尿病、高血圧、白内障などです。


身体検査に関して、ご質問がございましたら、E−メールでお問い合わせください。


土曜日は、予約一杯のことが有ります。その他の日は、大体ご希望の日に検査出来ます。

drsmz@mb.infoweb.ne




診療所へ戻る

グライダーへ戻る

ワイケリーにて、Schreicherのグライダー集合。